Royal Elastics 公式オンラインショップ | 靴 スニーカー通販-ブランドストーリー

ブランドストーリー

オーストラリアのシドニーにて、Tull PriceとRodney Adlerによって設立

ロイヤルエラスティクスは、1996年オーストラリアのシドニーでTull PriceとRodney Adlerによって立ち上げられた。彼らは伸縮性素材(Elastics)を使い、靴ヒモをなくした独特なデザインのシューズを形にした。このデザインは「簡単に脱ぎ履きできる」シューズとしてシドニーで人気を呼び、特にストリートカルチャーやストリートアートの人たちの間でまたたく間に成功を収める。
ロイヤルエラスティクスはブランド設立当初からクリエイティブさ、そしてグラフィックアートのDNAを持って生まれた。ファッション、スポーツ、音楽、現代美術を通してインスピレーションのあるライフスタイルを表現している。
Tull Priceはシドニーにてクラブやパーティーなどを主催しており、ストリートカルチャーへの愛をシューズのデザインに取り入れる。Tull Priceは、スケーターたちが靴ヒモを靴の中に入れてスケーティングしているのを見て、スポーツシューズにこのアイデアを取り入れるためのリサーチを開始。彼はこのコンセプトを発展させるため、学生時代の友人であるRodney Adlerとチームを組む。 
数か月のリサーチののち、彼らはスポーツとレジャーをかけ合わせた、フィット性の高い「アスレジャー(Athletic+Leisure)」ラインを展開する。

ロンドンへの展開、そして賞の獲得

オーストラリアでの成功ののち、Price とAdlerはイギリス、特にロンドンにおいてのブランド進出を試み、新ブランドライン「Cool Britannia」を展開する。 
ロンドンのアンダーグラウンドミュージックやファッションシーンにおいてロイヤルエラスティクスの名が広がり、1998年には、ロンドンの最も注目されているトレンドショー「40 degree」において「Most Radical Product(今最も勢いのあるプロダクト)」に選ばれる。彼らの「アスレジャー」ラインは1999年、オーストラリアにおいて「Fashion of the Year」の賞を獲得し、多くのストリートやグラフィックアーティストに愛される商品となる。 
3年のうちに、ロイヤルエラスティクスはストリートウェアの中でトップに立ち、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ、日本においての販売を展開した。

アーティスティック

「Elastication」はストリートスタイル、若さ、そして辛口のユーモアセンスを効かせたのんびりとしたライフスタイルのことを指す。ロイヤルエラスティクスは2001年K-Swissに買収されたことにより、グローバル展開のチャンスを拡大した。
ブランドのアートへの追及は、ラップバンドのBeastie Boys、DJ GoldieやGwen Stefaniの L.A.M.Bシリーズ、そして原宿ラバーなどの世界的な音楽シーンとのコラボレーションに記される。
Andy Warholシリーズとの協力、そしてAndy Warholグループとのパートナーシップなども結んでいる。

独立、そして新時代

ロイヤルエラスティクスは2000年、Overeasy、the Smooth、the Chargrillなどのクラシックシリーズに続き、一番有名なシリーズとなるthe ICONを発売する。
2009年にはUmbrellaとの9年の協力ののちに協定を解約し、ブランドに染みついたDNAであるイノベーションと創造性を追求するため独立。同じ年に、ロイヤルエラスティクスは香港に本社を置き、アメリカロサンゼルス、中国、台湾に支店を拡大した。
2016年で、ロイヤルエラスティクスは20周年を迎えた。3年間のリサーチから誕生したICONの軽量版「ICON WASHED」が、新しいヒットモデルとなって、2015年では売上数が全シリーズの20%以上を占めた。
クラシックモデルや新しいシリーズなどの商品を展開しつつ、ブランドは独特のデザインや快適な履き心地、耐久性を追求し、世界中の顧客に満足を提供し続ける。